おりものが臭い人の対策を

おりものは二種類あり、ひとつは当たり前のおりもので、もう一つは要注意のものです。

 

当たり前のおりものは臭わない

当たり前のおりものは女性特有の膣内から分泌される粘液で、
このなかには膣を守る大切なデーデルライン桿菌が混じっています。
当たり前のおりものは膣内を自浄する作用がありますから必要不可欠です。

 

また、デーデルライン桿菌は乳酸菌などで、おりものには少し甘酸っぱい臭いがあります。
このようなおりものはたとえ臭っても大丈夫です。

 

雑菌が増えるとおりものが臭う

ところが原因はいろいろありますが、おりものが臭う、それも嫌な臭いがする場合、
それは主として雑菌が膣内で繁殖するのが原因です。
すなわち膣内で自浄作用を持つデーデルライン桿菌が減少、あるいは除去されると、
雑菌を抑えることができないので、雑菌が増えて、それがおりものの嫌な臭いになります。

 

デーデルライン桿菌が減少する理由

膣内を雑菌から守るデーデルライン桿菌が減少する理由には、
ストレスなどで女性ホルモンが乱れること、抗生物質でこの善玉菌が殺菌されること、
そして、石鹸やビデなどで膣内をきれいにし過ぎること、などです。

 

したがって膣をきれいにするために石鹸で洗い過ぎたり、
ビデを使い過ぎることには注意しなければなりません。
ビデは生理の時以外の使用を避けることが望ましく、また石鹸は専用のものにして、
なおかつ膣内には使用しないようにしましょう。

 

おりものが臭うのは病気もある

おりものが臭う原因には膣の病気があり、病気に場合はおりものが臭うだけではなく、
量が増えたり、形状が異常になり、さらに痒みなどが伴います。
膣の病気でおりものの臭いに関するものには、膣カンジダ症があり、
白いおりものが増えて膣内に激しい痒みを感じます。

 

また、生臭い臭いとともに泡状の黄色や緑色のおりものと
強い痒みやただれがある場合は、トリコモナス膣炎です。
なお、ほかにもおりものの臭いが異常になる膣の病気には、細菌性膣炎などがあります。
このような時にはすぐに婦人科で治療するようにしましょう。

デリケートゾーンのかゆみの要因と対策

デリケートゾーンは、その名の通り繊細な部位であり、
多くの人が一回は痒みに悩んだことがあるでしょう。
それを誰かに打ち明けるという事も出来なかったはずです。

 

実は、このかゆみの大半は医者にかかるような、重大な病気ではありません。
主な要因は、ナプキンによるかぶれ、おりもの、蒸れ、そして汗などです。

 

デリケートゾーンは蒸れやすい

デリケートゾーンは下着やストッキングで、風通しが悪くなるため蒸れやすい部位です。

 

ナプキンはちゃんと交換する事

生理中に用いるナプキンによりかゆみを感じる場合も多いです。
吸収効率の良いナプキンを使い、汚れが少ないからといって交換をさぼる事も、
かゆみの要因となります。

 

目視では汚れが確認できなくても、本当は湿り気により雑菌が殖えているので、
それがかゆみの要因になるのです。
ですからナプキンは確実に交換し、デリケートゾーンの清潔な状態をキープしましょう。
ウォッシュレットなどを利用するのも有効です。

 

アレルギー体質や敏感肌

疲労がたまっているとき、アレルギー体質や敏感肌だと、
デリケートゾーンにかゆみを感じやすい場合があります。
さらに、ストレスや疲労が蓄積していると、身体の抵抗力が低下し、
かゆみやかぶれが生じる可能性が高くなります。

 

さらに妊娠期間中や、糖尿病を患っているとき、さらに抗生物質を飲んでいるときなども、
デリケートゾーンにかゆみを感じる場合がありますし、
ホルモンバランスが狂いがちな更年期に、身体を温めるとかゆみを覚えるケースがあります。

 

膣カンジタ菌感染におけるかゆみ

カンジタ菌はデリケートゾーンに常に存在している菌であり、
健全な女性ならば、誰の身体にも住んでいます。

 

しかしストレスや疲労が溜まっている、風邪を引いたなどのきっかけで、
カンジタ菌が増えて、おりものが増加したり、かゆみを感じるといった状況になり得ます。

 

カッテージチーズのようなおりものが出る場合は、膣カンジタを疑いましょう。
ひとまずデリケートゾーンを綺麗にしてから、軟膏等を塗布して下さい。

 

そのほかの感染も無視できない

デリケートゾーンにかゆみを引き起こすのは、カンジタ菌だけではありません。
パピローマウィルスが引き起こす尖圭コンジローマ、トリコモナス原虫が招くトリコモナス膣炎、
ブドウ球菌や大腸菌が誘発する感染性外陰炎、などもあります。

 

これらの疾患では、デリケートゾーンの肌に「ただれ」が生じますし、
かゆみや痛みも発生するので、痛くてかゆいという際には、
すぐに婦人科で診てもらう事を推奨します。
おりものが臭い時だけなく痒いときも、
なんらかの病気の前兆の可能性があるので注意しましょう。